日記

埋没手術を受けて抜糸した女の話。①

9月のとある日。

私は1つの決断をしました。

埋没手術を受けよう。

(※埋没手術とは医療用の糸を瞼の中に縫いつけて、二重瞼を作る美容整形です。)

産まれつき一重瞼の私。

高校生の頃からアイプチやアイテープなどを毎日使用していたのもあり、奥二重の癖がいつの間にかついていました。

しかし、20代の後半頃からかなぁ。

日によって二重の線が出ないような時がちょくちょく出てきて。

30代になってからは、再びアイテープ必須の日々を過ごすようになっていました。

とはいえ、1日中アイテープをする必要はなくて。

朝の30分~1時間くらい。

出勤の時だけアイテープをしていれば二重の癖がちゃんと残るような感じでした。(会社に着いたらアイテープを外していました。)

いつかは埋没手術を受けたいなぁ、なんて事をぼんやり思ってはいましたが、

アイテープで二重の癖がつくし、強くやりたい!というほどでもありませんでした。

しかし、9月になりとある情報を聞いた瞬間に、一気に埋没手術へのやる気バロメーターが上がりました。

その情報というのが、

10月から派遣もテレワーク開始になるらしい、、と。

これまでは社員さんのみテレワークをしており、派遣は普通に出社していましたが、

環境とか色々な事が整い、ようやく派遣もテレワークができるようになるとの事。

埋没手術、やるなら今しかないのでは!?

焦るような気持ちになったのを覚えています。

これまでも無職期間とかあったし、別に今しかない!って事でもないんですけどね(;´Д`)

年齢の事とか考えると、これからもずっとアイテープを使っていくのは瞼のたるみを加速させるだけだし、

なによりやっぱり面倒くさいんですよ。毎朝、アイテープをしなくちゃいけない生活って。

そんなこんなで、埋没手術やるぞ!!!と決意が固まった私は、クリニック選びを開始しました。

そして、ネットを検索しただけでクリニックを決定しました。

ドアホ女(´;ω;`)!!!!!

後々知ったんですけどね、

本当はもっと慎重に選ばないといけないんですよ、クリニックって(´-ω-`)(当たり前)

色々なクリニックに直接伺って、カウンセリングをしたうえで決めなくちゃいけないのに、

私ときたら、「埋没 〇〇(住んでる地域)」とスマホで検索をかけ、

上位に出てきたクリニックの口コミをいくつか見て、

それだけで決めました…

埋没するぞ!!と決意してから埋没の予約を入れるまでに、たぶん1週間くらいしかかかっていなかったように思います。

今振り返ってみると、クリニック選びにちゃんと時間をかけなかった理由は色々あります。

アイテープ生活から早くおさらばしたい

色々探すのが面倒くさい

そして、一番にまずかったのが。

埋没手術なんてたくさんの人がやってるし別にどうってことない。

この考えこそが一番愚かででした。。

後々わたしを苦しめる大きな要因です。

埋没手術はプチ整形で別に大した事ではないと、私の頭の中ではそんな風に位置づけられていました。

一部の情報からしか得ていない知識で、埋没手術は手軽なものだと勝手に思い込んでいました。

 

埋没手術を受けて抜糸した女の話。② に続きますm(__)m

ブログランキングに参加しています☆
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ