婚活・恋愛の事

冷たい目。

※本当にたくさんのコメントありがとうございます!コメント欄は本日24時をもって一旦閉じさせていただきます。
年下君に完全に嫌われてしまいました。
ご飯に誘って、その返事が翌日にきたってブログを書いた後。
いつなら大丈夫?って聞いたんです。
そしたら、今年はもう無理ですね。
って。
そこで、感情的になってしまって、以下のようなメールを即レスしてしまいました。
もう結構です。
これまで慣れなれしくして申し訳なかった。
これからは仕事の事以外は話しません。
って。
脈がないのがハッキリしてそれが悲しくて辛くて、その思いをあろう事か年下君にぶつけてしまいました。
ほんっとに、救いようのないバカとは私の事です。
勝手に期待して、その気持ちに応えてもらえなかったからって、キレたんです。
こんな身勝手な女が恋愛を成就させるなんて、無理にきまってる。当たり前です。
年下君の気持ちは年下君のものであって、私の思い意思とは関係ないのに。
それで、今日。
仕事の事で話かけた時、顔も合わせてくれませんでした。
目も、あんな冷たい目はじめて見ました。
その時に、自分がしてしまった事の重大さというか、失ってしまったものの大きさを感じました。
世界が一瞬にして真っ暗闇になりました。
結局、私の恋愛の結末って決まっているんです。
いつもこんな感じ。
自分で壊すんです。粉々に破壊する。
今回も、ああ、やっぱりね。って。心のどこかでわかっていたのか。
それとも、そうなるように自分が動いているのか。
いつになったら、私は私が幸せになれる事を許してくれるのかなって、本気で考えています。
いつだって、私が傷つく事を願っているのは私なんです。
実際、年下君をあんなに冷たくしたのは私なんですから。
コメント欄もうけました。
皆さんの言葉がほしいです。
なんでもいいです。よかったら。
あ、慰めてって意味じゃないです。
思った事とか感じた事。
聞きたい気分です今とても。

ブログランキングに参加しています☆
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ